case55

一人で飲むのが好きで色々なお店で食事し、飲んでました。ずっと気になっていた人気店にふらっと立ち寄って食事とお酒を楽しんでしました。

性別 女性
出会った当時・あなたの職業 会社員
出会った当時・あなたの年収 550万円
お付き合いしたお相手・年齢 37才
お付き合いしたお相手・職業 飲食店勤務
お付き合いしたお相手・年収(推定) 400万円
男性年収 400万代
出会った場所 相手の方が勤務する飲食店
付き合い始めるまでの期間 1か月程度
お相手に一番魅力を感じたところ 若さ
お相手に二番目に魅力を感じたところ 容姿
お付き合いした期間(結婚までの期間) 1年半
最終 結婚した

彼はそのお店のホールスタッフ。
私のテーブルの担当ではありませんでしたが、
「今日はお仕事帰りですか?」
と声をかけてくれ、とてもいい印象を持ちましたがその日はそれだけ。

お会計の時も出て来てくれ笑顔で見送りしてくれました。
一人飲みなので気を使ってくれたのだと思いました。

次にそのお店を訪れた時もその人は担当ではありませんでした。その人目当てに行ったわけではありませんがちょっと寂しい。それでも食事とお酒をいただきいい気分でした。

そしたら背後から彼の声。
「また来てくれたんですね」
という笑顔が可愛かった。

やはり会計時にもお見送りに出て来てくれました。
ほろ酔いでお店を出たら彼が追いかけて来てショップカードを渡されました。
「よかったら掛けて下さい」
と渡されたカードには彼の携帯電話の番号。

酔いが一気に吹っ飛び酔いとは別の浮遊感で夢うつつに帰ったのを覚えています。

次の日彼に電話をし数日のうちには会うことになりました。
あまりにトントン拍子過ぎて逆にすぐに終わりそうだと思いました。

正直とてもかっこよく、いつまでも見惚れてしまうのです。
でもお互いに楽しくないなら続かなかったと思います。

やはり8才という歳の差は大きく悩みながらのお付き合いになりましたが、お互い一緒にいたい気持ちが大きく、問題を1つ1つクリアしてお付き合いを続けています。