ずっと憧れていた同じ高校の先輩に玉砕覚悟で思い切って告白し、まさかのOKをもらい、付き合う事になって1ヶ月。

黒板へ壁ドン
黒板へ壁ドン

周りの女子達には
「2人って釣り合わないよね」
と陰口叩かれるし、私自身も、彼にはもっとお似合いの可愛い女性がいると思う。。

なんだか自信がなくなってきたよ。。

不安そうな顔をしている私に彼が聞く。
「どうしたんだよ、最近、何か浮かない顔して」
「いや、、なんでもない」

「なにかあるだろ。俺にはわかるんだぞ。」
「….私達って釣り合わないんじゃないか、と思って。」

「は?。。。」

「私はずっとあなたに憧れてた。横に並んでるのが毎日夢みたいだよ。。だけど時々不安に押しつぶされそうになる。あなたの気持ちも時々わからなくなってしまう。。好きすぎて、、不安になるんだよ

「バッカじゃないの?それは俺も同じだっつーの。お前だけじゃないんだよ。俺だってお前をまえから見てたんだよずっと。俺だって毎日夢なんじゃないかって信じられないんだよ。釣り合わないってなんだよ、俺しかお前と釣り合わないんだよ、他のやつなんかじゃダメだ。

そう言って号泣する私を優しく包んでくれた。

 

ライターchacoron