大学生のA子は、自分の嫉妬深く妬みやすい性格に悩んでいた。
TwitterやFacebookで人の幸せを見ると、羨ましくてつい嫉妬してしまうのだ。

スマホと女性
スマホと女性

もちろん友達の前では変な態度は取らないし、友達におめでたいことがあればもちろん祝福をしていた。
しかし腹の中ではいつも黒いものが渦巻いていた。

そんな自分が嫌で、FacebookもTwitterも退会することにした。
友達からなんで退会したのか度々聞かれたが、いつも適当にはぐらかしていた。

そんなある日、サークルの飲み会があった。A子はかなり酔ってしまい、B男に送ってもらうことになった。
B男とはそこまで親しいわけでは無いが、B男は世話好きで、皆から人気があった。B男に

「そういえばなんでFacebookもTwitterも辞めちゃったの?」

と聞かれ、いつもなら適当にはぐらかすのだが、酔いも回っていたため、正直に
「人の幸せを見るのが辛い」と言った。

そうしたらB男は思わぬことを言った。
「そうなんだ、素直なんだね。俺、A子のそういうところ好きだよ」

初めてそんなことを言われ、胸が高鳴り過ぎて、更に酔ってしまった。

 

ライター麻也子