case115

出合ったのは、私の大学時代の女友達の近所の居酒屋さんで、友人と彼が常連で顔見知りでした。
もともと、友人に誰か紹介してほしいと行っていた様で、その日も紹介することを前提に連れて行ってくれたようだったのですが、私のほうは何も知らされていなく、そのときはまだ他に気になる異性がいました。

性別 女性
出会った当時・あなたの年齢 33歳
出会った当時・あなたの職業 OL事務
出会った当時・あなたの年収 250万円
お付き合いしたお相手・年齢 34歳
お付き合いしたお相手・職業 職人
お付き合いしたお相手・年収(推定) 450万円
男性年収 400万代
出会った場所 居酒屋さん
付き合い始めるまでの期間 6ヶ月
お相手に一番魅力を感じたところ うそをつかない正直なところ
お相手に二番目に魅力を感じたところ 男らしいところ
お付き合いした期間(結婚までの期間) 8ヶ月
最終 結婚した

しかし、初めて会った際に、彼の純粋さ、素直さ、誠実さと男らしさに惹かれている自分がいました。 連絡先を交換してしばらくやり取りしていたのですが、1ヶ月ほど経ったときに、急に音信不通になりました。

失恋したと感じた私は諦めていたのですが、数ヵ月後、また急に連絡がありました。

その際に、連絡が取れなかったのは仕事が忙しかったことと、体調を崩していたことが重なったからだったと聞かされて、そこから2人で遊びに行くようになりました。

2回目のデートで告白され、短い回数でもこの人なら信用できると感じたので付き合いました。

8ヶ月の交際を経て、私の両親の後押しが強かった為、自分たちも驚くほど早く結婚にいたりました。