異動の辞令が出て、私は全く知らない地方の店舗に転勤することになってしまいました。人見知りの私にとって、これ以上の苦痛はないって思うぐらい、ツラい気持ちでいっぱいでした。

会社の先輩
会社の先輩

そんな中で、初日の勤務の日がやってきました。事務所のドアをあけると、メガネをかけた真面目そうな上司が出迎えてくださいました。

「○○と申します。よろしくお願いいたします。」
とかなり緊張しながら挨拶をしました。

すると「○○さん、そんなに緊張しなくてもいいよ。リラックスして。」
と言われ、苦笑いの私。

お昼休憩の時間となり、私が休憩室でお弁当を食べていると
「○○さん、お弁当自分で作ってきたの?」
と上司に聞かれ、

「節約のために作ってます。」と答えました。

そこから話がはずみ、お互い実家が近所であることが分かり、話の流れでお互いの連絡先を交換することになりました。

その日の夜、上司から
「今日はお疲れ様。ゆっくり休んでね。」
とメールが来ました。

私は
「ありがとうございます。△△主任もゆっくりくつろいでください。」
と言った内容の返信をしました。

そんな何気ないやりとりを1ヶ月ぐらいしていたある日、上司からのメールで
「明日空いてる?良ければご飯でも行きませんか?」
とお誘いのメールがきました。

特に断る理由もなかったので、「是非行きたいです。」
と返信しました。

個室居酒屋で上司と二人でまったり飲みながらいろいろ他愛ない話をしていました。
すると、上司が真面目な表情で

「○○さん、実は一目見た時から好きでした。良ければ、お付き合いください。」
突然の告白

びっくりしましたが、密かに私も上司のことが気になっていたので、
「私も△△さんのことずっと気になっていました。よろしくお願いいたします。」

こうして付き合い始めた私達。
そして6年前にめでたく結婚して、かわいい子供にも恵まれました。

 

ライターらっぱぁ