case45

犬を飼っていたので、会社が終わり、帰宅した19時過ぎに犬の散歩をするのが毎日の日課でした。その日は、いつもの散歩コースも飽きたので、違う道を散策していたところ、前から同じ犬種のトイプードルを連れた男性が歩いてきました。

性別 女性
出会った当時・あなたの職業 OL
出会った当時・あなたの年収 約300万
お付き合いしたお相手・年齢 31歳
お付き合いしたお相手・職業 デザイナー
お付き合いしたお相手・年収(推定) 約300万
男性年収 300万代
出会った場所 犬の散歩をしていて犬同士の挨拶をきっかけに公園で出会いました
付き合い始めるまでの期間 出会ってから1ヶ月くらいで付き合いはじめました
お相手に一番魅力を感じたところ 優しいところです
お相手に二番目に魅力を感じたところ 知識があり勉強家でした。
お付き合いした期間(結婚までの期間) 3年
最終 結婚した

犬を連れて歩いていれば意識せずともこのようシュチュエーションは避けて通れません。

特にその時特別彼氏が欲しいとは思ってはいないし、こんなことは毎日のように起こりますし、犬をダシにして男性を惹きつけようなんて微塵も思っていませんので、いつもどおりに犬が相手の犬に近づく行為を許しました。

しかし、その男性を見たときは珍しく心惹かれてしまいました。
一目惚れかもしれません。

ろくにハナシもせずにその場を去りましたが、このような人が近所に住んでいるということが嬉しく思った気がします。

そこからは毎日犬の散歩で会うようになり、そのうちに彼の方から告白されて交際がはじまり、トントン拍子に結婚することができました。