case110

出会ったその日からすごくアタックされ、断っても一生懸命想いを伝えてくれる事に心打たれ交際を始めました。
交際を始めたものの、当時わたしには他に気になっている人もいるうえに年下は苦手。

性別 女性
出会った当時・あなたの年齢 32歳
出会った当時・あなたの職業 保険外交員
出会った当時・あなたの年収 200万
お付き合いしたお相手・年齢 30歳
お付き合いしたお相手・職業 解体工
お付き合いしたお相手・年収(推定) 500万
男性年収 500万代
出会った場所 共通の知り合いと一緒に食事してた場に彼がたまたま来た
付き合い始めるまでの期間 2ヶ月ぐらい経ってから
お相手に一番魅力を感じたところ なんでも私に合わせようとしてくれる所
お相手に二番目に魅力を感じたところ 落ち着いているところ
お付き合いした期間(結婚までの期間) 10ヵ月
最終 お別れした

外見は彼はどちらかというとジャニーズにいるような可愛らしい顔立ちで、わたしの好みとはまったくかけ離れていて、好きになれるかわからないという状態でした。

仕事柄お互い時間も不規則な中で、彼は寝る間を惜しんで私に会いに来てくれる姿勢にだんだん惹かれていきました。

お互いインドア派でゆっくりデートしながらお互いの趣味の話しをするのが定番でした。お互いに色々な事をゆっくり話し合い良い関係を続けていましたが、時間が合わずすれ違いも増えた頃に、彼に秘密を打ち明けられました。

それは私にとってはどうしても受け入れることの出来ない許すことの出来ないものに彼が手を出し、彼もそれが止められないと言う事でした。

知人も巻き込み沢山話しをしましたが納得いく形には収まらず別れを決意しました。