case93

出会ってから分かったことは、私が晴れ男で現在の妻が極度の雨女だったことです。初デートで100キロほど距離が離れた水族館にデートに行く日のことでしたが、なんとその日は大雨洪水注意報が出ていて、玄関を出ると外に出ることもできないような大雨でした。しかしその当時の彼女は行きますと主張し、大雨の高速道路を走って無事水族館に着いたということがあります。

性別 男性
出会った当時・あなたの職業 自営業(青果卸業)
出会った当時・あなたの年収 400万円
お付き合いしたお相手・年齢 27才
お付き合いしたお相手・職業 おもちゃ屋店員
お付き合いしたお相手・年収(推定) 150万円
男性年収 400万代
出会った場所 おもちゃ屋さん駐車場・私の叔母とおもちゃ屋のオーナーが知り合いで、お見合いではなく会ってみたらと機会を作ってくれました。
付き合い始めるまでの期間 7月に出会ってから2週間ほど経ってから連絡を取り合い、それからは週に1回は彼女のお休み前に、おもちゃ屋さんの駐車場で待ち合わせをしてデートをしました。それが2ヶ月ほど続きました。
お相手に一番魅力を感じたところ 都会女子のように気取らない所、真面目に仕事をしている様子などに魅力を感じました。
お相手に二番目に魅力を感じたところ 言いにくいですが処女であったことです。
お付き合いした期間(結婚までの期間) 付き合ったのは4か月です。7月に出会ってから、9月に結納、11月に結婚式をしました。
最終 結婚した

8月の何回目のデートで彼女が仕事の悩みを相談して、泣き出した瞬間にものすごく彼女が愛おしくなり、その場でプロポーズしました。

それからはあれよあれよという間に話が進み、9月に結納を済ませ二人だけで結婚式の準備をしました。ウエディングドレスを決める時が一番時間が掛かり、私の衣装はあっという間に決まりましたが彼女の衣装選びは4時間ほどかかったと思います。

結婚式場のスタッフとの話し合いもたいへんで音楽選びに苦労しました。彼女が好きなドリームカムトゥルー、徳永英明や杏里の曲などを衣装直しやケーキカットの曲に選びました。

現在の妻はその当時をよく覚えていないというくらいあっという間のお付き合いでした。